デアゴスティーニ、GTR Nismo 31号まで制作

デアゴスティーニのGTR Nismoが31号まで進みました。
100号で完成なので約三分の一ですね。

ずっしりとしたシャーシが届き、その上にとりあえず製作済みのシートなどを配置してみました。
それっぽい雰囲気になってきました。50センチオーバーのサイズ感で更にボディも金属製となると相当重くなることが想定されますね。更に電飾関係もあるし。
個人的には電飾はいらないんですけどね〜〜。
メインは飾って眺めて楽しむので。。
ま、あって損は無いので良しとします。

おそらく最後の方に合体すると思われるフロントグリル周りをとりあえず雰囲気で乗せてみました。
それっぽ雰囲気が出てきました。

良い感じですね、今後の配布が楽しみです。
あ、今回は4号まとめて届いたのですが、製作時間は30分くらいでした。
これでまた1ヶ月待たされるのか・・・。
ん〜〜、進まん。

これが週刊パートワークの良いところではありますが。。
ま、役2年かかりますので終わる頃には東京オリンピックも終わっていますね。
恐ろしや〜〜〜。

ちなみに、もしですがデアゴスティーニから出た場合(あくまで個人的見解)に購入確定なのは以下の3種類でしょうか。

・ナイトライダーシリーズ、ナイト2000

これはやる人は多いかもですね。あのドリームカーが手に入るとなれば・・・。
僕と同世代の人では「おっ」って思うかも。

・エアウルフ

これもナイトライダーと同時期にやっていましたね。
夢のヘリですよね。
我が家は車ばかりなので、たまにはこういうのも面白いかも!

・週刊クラシックカーを作る

これは以前、試験販売をしていて現在休刊中のメルセデスグロッサーです。
全国創刊されたら買う予定だったので、相当ガックシでした。。
大どんでん返しで復活してもらいたい!

こんな感じで現在のメインの趣味を紹介してみました。
これのダメな?ところは魅力的な商品が2種類同時に発売されるケース。
お金持ちは両方やると思いますが、置き場所等を考えると一気に二台は無理ですね。
上記の3台のうち2つが一気に発売になったら頭が痛くなりますがやるんだろうな〜〜。
妄想です。

さて、また進捗があったら紹介しますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です